HOKKAIDO SNOW JEWELS

カートに商品がありません。

現在の中身:0点

北海道産 しろみつとろきび

お中元におすすめ!限定20セット!

「こんな甘いトウモロコシは初めて食べた!」と感動を生み、口コミだけ3万本!
2018年、TBS系「マツコのしらない世界」でも紹介されたシロップのようにトロッと甘い果汁したたる「しろみつとろきび」

新鮮なトウモロコシは、生で食べるのがオススメ!
噛んだ瞬間、甘くて蜜のようにトロトロ感があり、トウモロコシの旨味・甘味が口いっぱいに広がります。
これは、収穫してから時間がたっていない新鮮な証。

北海道札幌市の東側に隣接する石狩市の農家が、約20年間「しろみつとろきび(品種:味来)」だけを育て続けています。 北海道の昼夜の温度差が激しい特有の気候により、しろみつとろきびの甘みを高め、ジューシーで濃厚な果汁を生み出しています。

「しろみつとろきび」は、芽が出る確率が低く、他の北海道トウモロコシと比べて非常に栽培の手間がかかる貴重な品種。

コストをかけ、お酢や焼酎、ゆうすいやステビア、ホタテの貝殻など、幾つもの種類の肥料で土壌から強く健康に育つ環境を作っています。手間をかけた力強い土壌で育つ「しろみつとろきび」は、高い糖度と味の深みが違います。粒の皮は薄く柔らかく、お口に残りません。また小ぶりで、女性やお子様が食べるのに「丁度良い大きさ」と好評価を受けています。

夏の食欲減退期に、冷えたフレッシュなトウモロコシを食べることで、疲労回復効果が高いアスパラギン酸や脳機能活性化させるグルタミン酸を効率良く摂取できるなど、夏バテにも最適です。

昔から“トウモロコシ”は、鍋に火をかけてから採りに行け”と言われる程、鮮度が命。早朝 3時から収穫し、収穫後はすぐにそのまま保冷庫で空港へ。空輸なので収穫の翌日には、食卓にお届けできるように心がけています。生産地が空港に近い事も新鮮なままお届け出来るポイントです。

※ 8月初旬より発送開始予定

+ −

円(税込)
PAGE TOP